ダイエット

ダイエットが成功する一番の近道は自分を大切にすること【99%ができてない】

こんにちは、じゅんです。

突然ですが、ダイエット成功への一番の近道って何だと思いますか?

『カロリーを制限すること?』『ハードな運動をすること?』どちらも間違っているわけではありませんが、今回はそんな小手先のテクニックを書きたいわけではありません。

もっと本質的で大事なお話し。

正解は、「自分のことを大切にする」です。
先日、下記のようなツイートをしました。

 

  • 早食い
  • 暴飲暴食
  • 睡眠不足
  • よく噛まない
  • 栄養バランス無視

これぜーんぶ、自傷行為です。目に見えないけれど、カラダはかなり傷ついています。

もっと自分を労ってあげましょう。自分のことを大切にすることで結果的に綺麗になれるし、痩せていく。

思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか。自分のことを大切にすることで結果的に綺麗になれるし、痩せていく

今回はこの内容を、少し深掘りしていきます。

現代人は無意識に自傷行為をしている

自傷行為と聞いて、何を思い浮かべますか? 恐らくリストカットなど、意図的に自分のカラダを傷つける行為をイメージしますよね。

さて、ここで『あなたは自傷行為をしてますか?』と聞いたら、ほとんどの方は『していない』と答えると思います。(中にはしている方もいるかもしれませんが)

しかし、僕は日本人の9割は自傷行為をしていると考えています。しかも、無意識のうちに。

なぜなら僕が指している自傷行為というのは、見た目に直接現れる傷ではないからです。ただ、確実にカラダの内部、そしてココロは傷を負っています。

どのような行為が自傷行為か、具体的な例を挙げながら紹介します。

睡眠不足は確実にカラダを壊す

睡眠不足が続くことによって、確実にカラダを壊します。これはすでに研究によって報告されていることですが、あらゆる病気の発症リスクが高まるのです。

さらに、睡眠が足りていないとココロが荒んでいきますし、正常な判断もできなくなります

もちろんダイエットの観点から見ても良いことは1つもないです。

なぜなら睡眠不足になると

  • 誘惑に弱くなる
  • 脂肪燃焼ホルモンの抑制
  • 食欲増進ホルモンの増加

などが重なりつい食べてしまう機会が増えてしまったり、太りやすいカラダになったりしてしまうからです。

「睡眠が大事」とわかっていながら毎日2~3時間しか寝ていない、という方は気をつけましょう。

必要な睡眠時間は理想は8時間、最低でも6~7時間と言われているので、この機会に見直してみてください。

僕の考えとしては1日24時間ある中でもっとも大事なのは睡眠の8時間です。

というか、初めから1日は16時間(睡眠時間で必要な8時間を確保)だと思って行動しているので、睡眠不足になることはありません。

この方法はおすすめですので参考にしてみてください。

現代人の食生活は自分を痛めつけている

職業柄、僕は人よりも健康や食事に対して気をつけているほうなのですが、正直現代人の食生活はやばいと思います。

  • 毎食コンビニ
  • 毎日タピオカ
  • スマホ片手にながら食い
  • タンパク質はほとんど摂取しない
  • しっかり噛まずに飲み込むように食べる
  • デザートやジャンクフードなど糖質と脂質まみれ

などなど。思い当たる節がある方は多いのではないでしょうか。

これでは痩せることはできないですし、さらには肌荒れ・体臭・疲れやすい・などなどカラダに不調をきたします。

また、食べるものだけではなく食べ方も大事。

よく噛んでゆっくり食べる」は小さい頃から大切と言われてきたのに関わらず、できている大人はほとんどいません。

人間のカラダというのは口から排泄器官まで繋がっており、各器官それぞれに役割があります。

そしてその一番初まりである口は「入ってきたものを噛み砕いて唾液と混ぜ、消化をしやすくする」という極めて重要な役割を担っているのです。

にもかかわらず現代人は咀嚼をせず飲み込むため胃腸への負担は計り知れない。結果として消化器官が疲弊し、カラダの内部から徐々に不調が広がっていくのです。

これは過食(食べ過ぎ)も然り。

よく噛むことで普段より早く満腹になるため食べる量が減って痩せますし、便秘が改善されて肌も綺麗になるはずです。

自分のカラダを大切にするためにも

  • 栄養バランスの取れた食事を
  • よく噛んで(1口30回以上の咀嚼)
  • ゆっくりと食べる(30分以上の時間を確保)

を意識してみてください。これができれば痩せられます。

もっとカラダの声に耳を傾けよう

「痩せたい」「綺麗になりたい」というのであれば、もっとカラダの声を聞いてあげましょう。

これはスピリチュアルな話しではなく、あなたのカラダは本当に声を発しています。

例えば、普段より

  • 胃がもたれている
  • 肌が荒れている
  • イライラする
  • 便秘

といった症状が現れているのであれば、それはカラダが発するSOSです。言うなれば「肥満」もそう。

しかし大半の方は「忙しい」を理由に放置しますよね。そして次第にその不調はあなたにとってのデフォルトになり、調子が悪いことにすら気づかなくなります。

あなたのカラダはあなたしか大切にできないのだから、もっと自分のカラダの調子を気にしてあげてください。

自分でコントロールができない場合は迷わず病院へ

もっと自分のカラダを大切にするべきと書いてきましたが、これは『できるのにしていない』方に対してであり自分でコントロールできない場合は迷わず病院へ行ってください。

  • 寝なきゃとわかってるのに寝れない
  • 食べなきゃとわかってるのに食べれない
  • 食べちゃダメとわかってるのに食べちゃう

という方は睡眠障害や摂食障害の恐れがあります。そのため自分一人でどうにかせず、医師の指示に従うようにしてください。

また、「自分を大切にできるのにも関わらずしていない」方が放っていると上記のような症状を発症する可能性もあるので、早い段階から自分のカラダのケアを怠らないことが大切です。

「もったいないから食べる」は本当に正しいのか

『勿体無いからつい食べてしまう』という方いますよね。食べ物を粗末しないという考えは本当に素晴らしいと思います。

作ってくれた方、食材を育ててくれた方を思っての行動ですからね。

ただ、食べたくもない・カラダが本当は欲していないのに食べるのはどうなのでしょうか。

捨てるのは勿体無いと言いながら食べているけれど、それは自分のカラダの中に捨てるのと同義のように思えてなりません。

だったら

  • 最初から少なめに頼む(作る)
  • 余ったものは冷凍して翌日食べる

といった方法をとったほうが食べ物にとっても、自分にとってもいいですよね。

 ダイエットの行動で迷ったら『自分を大切にできてるか?』を問いかけてみて

今回お話ししたのは「何をどれだけ食べれば痩せられる」といった具体的なダイエットテクニックではありません。

しかし、今後ダイエットをする上で必ず役に立つ考え方です。

今や星の数ほどダイエット方法が存在しますが、その中から選んで実践するときに『このダイエット方法は自分を大切にできているか?』と問いかけてみてください。

そうすれば極端な食事制限などは選ばないはずです。

また、この機会に「自分のことを大切にするために何をすればいいか」を考えてみてください。ダイエットだけでなく必ず今後の人生で役に立つはずです。

あなたが今より自分のことを大切にできてより良い人生を歩めるよう、応援しています。