ダイエット

ダイエットに失敗しやすい人に共通する9つの特徴【改善して痩せよう】

何度もダイエットに失敗してきた人
何度もダイエットに失敗してきた人
今まで何度もダイエットに失敗してきたけど、なんでだろう。ダイエットに失敗する人の特徴とかあれば知りたいな。今度こそ痩せたい…。

今回はこうした悩みを解決していきます。

僕は今まで1,000人以上の女性を担当してきたダイエット指導者なのですが、「ダイエットに失敗しやすい人」には9つの共通点があることに気付きました。

それが、下記ツイートです。

https://twitter.com/DietMan40/status/1179749296637239296

ダイエットに失敗しやすい人に共通する9つの特徴

①早食い
②完璧主義者
③気合いと根性頼み
④明確な目標がない
⑤体重変動に一喜一憂
⑥勿体ない精神が強い
⑦正しい知識が足りない
⑧ラクに痩せる方法があると思ってる
⑨自宅にお菓子・お酒をストックしている

あなたは大丈夫?

心当たりがある方も多いのではないでしょうか?

でも大丈夫、安心してください。いま当てはまっていたとしても今回紹介する方法で改善できます。

具体的には

  1. ダイエットに失敗しやすい人の特徴
  2. なぜダイエットに失敗しやすいのか
  3. どうすれば改善してダイエットに成功できるのか

の順に重要な点に絞って解説していきます。

3分ほどでサクッと読めてダイエット成功の確率がアップするのでぜひ読んでみてください!

こんな方におすすめ!!

  • 今まで何度もダイエットに挫折してきた
  • なぜ自分が痩せられないかわからない
  • 今度こそダイエットを成功させたい

①早食い→自然と摂取カロリーが増える

まず1つ目の特徴が、早食いの方です。早食い癖のある方は多いですが、痩せたいのであれば早食いは絶対に辞めたほうがいいです。

なぜなら早食いの人は自然と食べる量も多くなってしまうからです。

実は人間が満腹を感じるのは「胃」ではなく「脳」なのですが、食べ物を口にしてから脳が満腹を感じるまでにはタイムラグがあります。

これは満腹中枢が関係しているのですが、早食いであればあるほど「脳」が満腹と感じる前に体内に詰め込んでしまうのです。つまり、摂取カロリーが増えてしまう。

これが早食いが多食いになってしまう理由です。

具体的にどれほどのタイムラグがあるかというと20分と言われています。つまり、最低でも食事の時間に20分(出来れば30分以上)はかけるようにしてください。

咀嚼をすれば早食いは改善する

早食いを改善するために一番最適な方法が咀嚼(そしゃく)です。

咀嚼とは噛むことを意味しますが、よく噛んで食べることで受けられるメリットはとてつもないです。

具体的なメリットは、下記の通り。

https://twitter.com/dietman40/status/1163076078602076160?s=21

控えめにいって最強すぎます。お金が一切かからず、誰でも簡単にできてここまで効果がある方法は他にしりません。

痩せたいのであれば、「よく噛んでゆっくり食べる」を徹底してみてください。

Q.食いはなぜよくない?A.自然と摂取カロリーが増える=太る

  • 満腹を感じるのは「お腹(胃)」ではなく「脳
  • 食事の時間は20分以上にしよう

改善策→よく噛んでゆっくり食べるを徹底!!咀嚼のメリットはえげつない。

②完璧主義者→ダイエットが完璧にいくことはあり得ない

続いて2つ目の特徴が、完璧主義者の方です。一見几帳面でプラスなイメージもありますが、要注意。

なぜならダイエットが計画通りに完璧に行くとはあり得ないからです。

職場の飲み会や旅行など、どうしても「食べなくてはいけない」「運動する時間が取れない」といった場面は出てきます。

完璧主義者の方は最初のほうは食事も運動も徹底しますが、上記のような状況で少しでもうまくいかなかったらすべてが嫌になってしまいがち

今までお菓子を我慢していたのに、少しだけ食べてしまった瞬間にドカ食いに走ってしまったことがある方は多いのではないでしょうか。

これは心理学用語で「どうにでもなれ効果」と呼ばれるものなのですが、特に完璧主義の方に多いです。

平均60〜80点を狙おう

完璧主義者の片がダイエットを効率よく成功させるためには常に0か100ではなく平均60〜80点を狙うことが大切になります。

少しうまくいかないことがあったら、また別のところで調整すれば大丈夫。

たった1回の過食が脂肪に変わることはないので、気にせず切り替えるようにしてみてください。

Q.なぜ完璧主義はなぜ失敗しやすい?A.ダイエットが計画通り完璧にいくことはあり得ない

  • 計画通りにいかない時もある
  • 完璧主義は少しうまくいかないと全部嫌になる

改善策→0か100ではな平均60~80点を狙おう!一回くらい過食したって大丈夫。自分を責めず、切り替えて前に進もう。 

③気合いと根性頼み→人間は弱い生き物

続いて3つ目の特徴が、気合いと根性頼みの方です。他にもモチベや意志力頼みも同様に危険。

なぜなら、基本的に人間というのは弱い生き物だからです。

気を抜くとすぐ誘惑に負けるし、なにかと理由をつけてダイエットをサボろうとします

そのため意志力や根性といったフワッとしたものに頼っていると、いつまで経ってもダイエットを成功させることができません

これは今まで何ども失敗してきた方は特にですね。『今度こそ!!』といくら気合いを入れても、またちょっとしたキッカケで挫折してしまいます。

環境と習慣を変えよう

気合いや根性に頼るのがダメならどうすればいいかというと、環境と習慣を変えればいいわけです。

具体的には

  • お菓子やお酒をストックしない(⑨に共通)
  • 用もなくコンビニに寄らない
  • ジムの近くに住む(職場の近くのジムを契約する)

など。

環境を変えて行動をしていると、いつしかその行動が習慣化していきます。この状態になったら最強で、特に頑張らなくともダイエットが捗っていくのです。

モチベはエナジードリンクみたいなもの

気合いや根性・モチベではなく環境・習慣を変えようと説明してきましたが、モチベはいらないというわけでもありません。

僕はモチベーションというのはエナジードリンクのようなものだと考えています。

つまり、ここぞという時に使うものです。

いくらジム通いが習慣化したって、時にはめんどうくさいと感じることはあります。

そういった場面になって初めてモチベを上げましょう。好きな音楽を聴くでもyoutubeでワークアウト系の動画を見るでも何でもいいですが、常に頼るのではなくスポットで使えるようになるといいですね。

Q.なぜ気合と根性頼みは失敗する?A.人間は弱い生き物だから

  • 人間というのは誘惑に弱い生き物
  • 気合や根性なんていい加減
  • モチベーションはエナジードリンク(ここぞという時に使おう)

改善策→環境や習慣を変えよう!習慣に勝るものなし。

④明確な目標がない→ゴールのないマラソンを走るようなもの

続いて4つ目の特徴が、明確な目標がない方です。

今まで1,000人以上の女性クライアントを担当してきましたが、ダイエットがうまく行かない方は「目標があいまい」でした。

ダイエットにおいて目標が明確でないということは、ゴールのないマラソンを走っているようなものです。

明確な目標を掲げることで、最短距離でダイエットを成功させることができます。

鮮明にイメージできる目標を見つけよう

明確な目標がない方は、自分が痩せて何をしたいかを考えてみましょう。

  • ハワイで堂々と水着を着たい
  • おしゃれな洋服を着こなしたい
  • 結婚式でドレスを着たい

など、イメージできる目標を持つことで目標達成の道筋ができます。

もちろん健康的になりたい、といった目標でも構いません。その場合は健康なカラダを手に入れた上で生活している自分をイメージしてみてください。

目標と手段の混合に気をつけよう

よく「〜kgまで痩せる‼︎」のようにダイエットの目標設定をしてしまっている方を見かけますが、これは危険です。

なぜなら体重はあくまで目安でしないからです。また、先程説明したように痩せること自体を目的とするのではなく痩せた上で何をしたいかに設定したほうが成功確率が高まります

また、最初は「痩せて好きなブランドの服を着る!」が目的だったのに、いつの間にか体重ばかりを気にしてしまう方も多いです。

体重を落としたり痩せたりするのはあくまで手段でしかないため、目標と手段が入れ替わらないように気をつけましょう。

Q.なぜ目標が明確でないとダメなのか?A.イエットの方向性もブレてしまうから

  • 目標がないダイエットはゴールのないマラソンのようなもの
  • ダイエットに成功する方は、鮮明にイメージできる目標を持っている
  • 目標と手段の入れ替わりに気をつけよう
  • 体重はあくまで目標達成のための手段(目安)にすぎない

改善策→ハワイで水着を着てるわたし!のように鮮明に目標達成した自分をイメージしてみよう

⑤体重変動に一喜一憂→体重変動なんてよくあること

続いて5つ目の特徴が、体重変動に一気一憂してしまう方です。

なぜなら1〜2kgの体重であればコロコロ変動してしまうため、その度に一喜一憂していたらメンタルがやられてしまうからです。

また、その1〜2kgというのも脂肪の増減ではなくほとんどが水分です。

特に女性の場合は

  • 生理前
  • むくみ

などで体重の増減がしやすいため、あまり気にしないようにしましょう。

また、体重というのは波のようにジグザグしながら徐々に落ちていきます。

そのため多少体重が増えていたからといって気にする必要はありません。

②で紹介した完璧主義の方は、体重が1gでも増えていたら「すべてが嫌になってしまう」→「諦める」→「過食に走る」→「自己嫌悪」のように負のループに入ってしまいがちですので、気をつけましょう。

体重はただの数字だと理解する

体重変動に一喜一憂しないためにも、体重はただの数字だと理解することが大切です。

大事なのは見た目であり、それ以外はただの数字ですからね。また、目指していた体重になれたからといって目指していたカラダになれるというわけでもありません。

それでも体重が気になってしまう方は、いっそのこと体重測定を辞めてしまいましょう。

体重測定を辞めることで体重の呪いから解放され、なおかつ気持ちの浮き沈みも減っていきます。

より詳しくはこちらの記事で説明しているのでよかったら読んでみてください。

体重計に乗るのがストレスなら、いっそのこと体重測定なんて辞めてしまおう「ダイエット中に体重を測るのが怖い」 「体重計に乗るだけでストレス」 こうした悩みを抱えている女性の方は多いのではないでしょうか...

Q.なぜ体重に一喜一憂すると失敗する?体重なんてしょっちゅう変動するから、気にしてたらキリがない

  • 1~2kgの体重変動なんて誤差(水分)
  • 体重はただの数字であり大事なのは見た目

改善策→体重はただの数字だと理解すること。それでも気にしてしまうなら体重測定を辞める!!

⑥勿体ない精神が強い→つい食べてしまう

続いて6つ目の特徴は勿体ない精神が強い方です。

勿体ない精神が強いと『残すのは勿体ないから全部食べよう』とお腹一杯なのにもかかわらず食べてしまいます。

しかし、当たり前ですがこれでは痩せることができません。(無駄な摂取カロリーが増えてしまうから)

勿体ない精神が強いことを自覚し対策を練る

日本人は基本的に勿体ない精神が強い国民性です。

これは小さい頃から「食べ物を粗末にしてはいけない」「生産者に感謝しないといけない」と教えられてきたり、さらには近年の食品ロス問題が関係したりしているからです。

これ自体は素晴らしい考えだと思いますし、僕自身も勿体ない精神を持ち合わせています。(米一粒でも残すことに対して罪悪感を感じます

だからといって、諦めて食べる必要はありません。

ではどうすればいいかというと、自分が勿体ない精神が強いことを理解し、その上で

  • 事前に少な目で頼む
  • 多く作りすぎない
  • 余ったものは冷蔵して翌日食べる

といった対策を取りましょう。

捨てるのは勿体ないから食べるは自分のカラダに捨てている

『捨てるのは勿体ないから食べる』という考えは素晴らしいと思う一方、それは『自分のカラダの中に捨てているのでは?』と感じます。

カラダが欲していないのに無理矢理詰め込むのは、本当に良い行いなのでしょうか。

こうした考えを持つと、無闇に食べすぎるのを防ぐことができますよ。

Q.なぜ勿体無い精神が強いと失敗する?何かと理由をつけて食べてしまうから

  • 勿体無い精神は悪いことではない
  • 勿体無い精神が強いということを受け入れ、事前に対策をとろう
  • 捨てるのがもったいないから食べるというのは自分のカラダに捨てているのと同じ

改善策→事前に少な目で頼む、多く作りすぎない、余ったら冷蔵して翌日食べる

⑦正しい知識が足りない→騙されやすい

続いて7つ目の特徴が正しい知識が足りない方です。

テレビやネットを始め、世の中には無数のダイエット方法が存在しています。

しかし正しい知識をもっていないと流行のダイエット方法に飛びついたり、極端な食事制限をしたりで心身共に負担をかけてしまいます

そのため、ダイエットでは正しい知識を身に付けることが大切です。

ダイエットの正しい知識は本からインプットがおすすめ

正しい知識を身につけることが大事とはわかっても、どうやって知識を得ればいいかわからない方もいますよね。

そこでおすすめな方法が、読書です。

本を読んで正しいダイエット知識を身につけ、間違った情報に流されないようにしましょう。

後日おすすめな本を紹介していきます。

ダイエットを成功させるには2つの要素が不可欠

ダイエットを成功させるためには必ず必要な要素が2つあります。

それが

  1. 正しい方法でのアプローチ
  2. 継続

です。

①正しい方法でのアプローチは、先ほど紹介したように本で知識をインプットすることが大事です。

ただ、いくら正しい知識を知っていようが行動に移さなければ意味がありません。知っていると(行動)しているは全く違います。

痩せて人生を変えたいなら、この2つは必須項目になるので胸に刻んでおきましょう。

Q.なぜ正しい知識が必要?A.誤った情報に飛びついてしまうから

  • 世の中には無数のダイエット方法が存在するため、その中から正しい情報を取捨選択することが大事
  • 正しい知識は本でインプットしよう
  • 知識だけでなく、実際に行動して初めてカラダは変化する

改善策→正しい情報をインプットして、流行に流されないようにする

⑧ラクに痩せる方法があると思ってる→流行りに飛びつく

続いて8つ目の特徴が、ラクに痩せる方法があると思っている方です。これは先ほどの⑦正しい知識を得れば自然と改善されるのですが、ラクして痩せる方法は基本的にありません

にもかかわらず、メディアやネット広告、インフルエンサーが紹介する

  • ~するだけダイエット
  • 飲むだけで痩せるサプリ
  • 1日たった3分これをするだけで痩せる方法

といった『なんだかラクに痩せられそう』な方法に飛びついてしまいます。

これらはすべて消費者心理につけこんだ罠ですので、安易に乗っからないようにしましょう。

ラクに痩せる方法はないと観念した人から痩せていく

世の中には「ラクしてやせる方法はない」と気づいて諦めた方から痩せていくことができます。

なぜなら、ラクして痩せることができないと理解して初めて正しい方法での第一歩を踏み出せるからです。

流行りのダイエット方法が出てくるたびに飛びついては失敗してを繰り返していたらあっという間に数年経ってしまいます。

しかし、ラクではないし地味だけれどコツコツと続けていたら、その数年で劇的な変化を得ることができるのです。

コツコツが勝つコツ。

楽に痩せる方法はないけど楽しみながら痩せる方法はある

ラクに痩せる方法はないからといって、別に辛い方法や極端な我慢をする必要はありません。

むしろ、楽しみながらダイエットをしていくことが大切です。

ダイエットには継続が重要ですが、人間はそもそも辛いこと苦しいことは続けることができないからです。

どうやって楽しめばいいかというと、例えば食事。

僕が紹介しているズボラ飯は、簡単に作れて美味しく、なおかつヘルシーです。美味しい食事を楽しみながら作ることは、ダイエットを成功させる上では欠かせません。

参考までに、最近作った料理の一部はこちら。

楽しむ方法は人それぞれですので、試しながら探してみてください。

Q.なぜラクして痩せようとすると失敗するの?A.ラクして痩せる方法はないから

  • ~するだけで痩せる方法に惑わされないようにしよう
  • ラクして痩せる方法はないと理解して初めてスタートラインに立てる
  • ラクして痩せるではなく楽しみながら痩せる方法を探そう

改善策→ラクして痩せる方法はないと理解し、楽しく痩せる方法をコツコツ続ける 

⑨自宅にお菓子・お酒をストックしている→何かと理由をつけて食べちゃう

最後9つ目の特徴が、自宅にお菓子・お酒をストックしている方です。なぜなら目の前にお菓子があると、つい食べてしまうからです。

③気合いと根性頼みの方は失敗しやすい、でも説明しましたが人間は基本的に誘惑に弱い生き物です。

そのため自分を過信せずに、自宅にお菓子やお酒をストックするのはやめましょう。これは戦場に丸腰で乗り込むようなものです。

誘惑に負けないようにする方法はこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ目を通してみてください。

食べ物の誘惑に負けない方法を徹底的に解説します【ダイエット】『ダイエット中にもかかわらずいつも食べ物の誘惑に負けてしまう…。』 『頭では食べちゃダメとわかってるのにどうしても食べちゃう。』 ...

意志が弱いと自覚している方こそ痩せられる

ダイエット中にもかかわらず自宅にお菓子やお酒をストックしてしまっている方は『私は意志が強いから大丈夫』と自分を過信しがちです。

しかし、そういった方に限ってダイエットがうまくいきません。

逆に、自分の意志が弱いとしっかり自覚している方は、ダイエットがうまくいく傾向にあります。

なぜなら、自分のことをしっかりと理解し事前に対策を打てるからです。

何度も言いますが、人間は基本的に弱い生き物です。変な自信やプライドは捨て、環境や習慣を変えていきましょう。

Q.なぜ自宅にお菓子・お酒をストックしていると痩せられない?A.人間は誘惑に弱いためつい食べてしまうから

  • 自宅に食べ物をストックするのは、戦場に丸腰で乗り込むようなもの
  • 意志が弱いと自覚することで事前に対策を打てる

改善策→自分の意志は弱いと理解し、自宅から誘惑を排除する

1つずつ改善していけば大丈夫

今までダイエットに失敗しやすい9つの特徴を紹介してきましたが、中には複数個当てはまった方もいると思います。

『たくさん当てはまるからもう私はダメだ…。』と萎えてしまったかもしれませんが、大丈夫です。

なぜなら今回紹介した内容はどれもすぐに改善することができるから。

つまり、今まではダイエットに失敗しやすい人だったのが一気に成功しやすい人になるチャンスなのです。

ただ、一気にあれこれと変えようとしないよう気をつけてください。中途半端になる恐れがあります。

そのため、1つずつ着実に改善していきましょう。応援しています。